RcmdrPlugin.QCtools


RcmdrPlugin.QCtoolsは,QC7toolsをRcmdrのプラグイン化したものです.

・QC七つ道具が,日本の品質管理のスタイルで利用可能です.

・インストール方法が普通のパッケージのものと同じで,Rcmdrと独立に行うことができます.

・ヘルプ等の整備は全く行っておりません.よろしければ,『フリーソフトウェアRによる統計的品質管理入門 第2版』

  (2009),日科技連出版社,を参照してください.

・Rcmdr1.3-0以上で利用可能です.


ダウンロード

Windows版 R 3.2.2,Rcmdr_2.2-0用
Windowsバイナリ RcmdrPlugin.QCtools_1.1-7.zip
2015年08月20日
Windows版 R 3.0.2,Rcmdr_2.0-0用
Windowsバイナリ RcmdrPlugin.QCtools_1.1-6.zip
2013年11月06日
Windows版 R 2.15.0,Rcmdr_1.8-4用
Windowsバイナリ RcmdrPlugin.QCtools_1.1-5.zip
2012年06月07日
Windows版 R 2.13.0,Rcmdr_1.6-4用
Windowsバイナリ RcmdrPlugin.QCtools_1.1-4.zip
2011年07月02日
Windows版 R 2.11.1,Rcmdr_1.6-0以降用
Windowsバイナリ
2010年10月06日
Windowsバイナリ
2010年09月01日
Windows版 R 2.10.1用
Windowsバイナリ
2010年01月03日

改訂履歴

ver1.1-6 - 2013-11-06

・R 3.0.2に対応

ver1.1-5 - 2012-06-07

・R 2.15.0に対応

ver1.1-2 - 2010-10-06

・ちょっとした修正

ver1.0-9 - 2010-09-01

・推定・予測メニューの追加

 -関数predict()

・パラメータ設計(品質工学)の静特性のSN比(感度)の計算

 -望目特性のSN比と感度

 -望小特性のSN比

 -望大特性のSN比

ver1.0-3 - 2009-05-22

・パレート図

 -縦軸(左Y軸,右Y軸)とグラフの間隔を 0 に

 -枠囲いの形に変更

・ヒストグラム

 -規格外れ部分を色づけ

・管理図

 -群内ばらつきの管理図で,R管理図とs管理図を選択できる形に

・その他,ちょっとした修正

参考図(クリックすると拡大できます)

         

                 

ver1.0-2 - 2009-05-22

・管理図における軸ラベルの指定を変更:強制的に選択されていたものを,選択できる形に

ver1.0-1 - 2008-11-17

・ちょっとしたバグの修正

新しい機能 - 2008-10-21

・X-R管理図,Xbar-R管理図で,解析用・管理用管理図を作成可

・ヒストグラムで,工程能力指数CpおよびCpkの信頼区間を表示


『フリーソフトウェアRによる統計的品質管理入門』および『フリーソフトウェアRによる統計的品質管理入門 第2版』で利用したデータ

  RQC7data.zip(2005-06-15)

プラグインのインストール法

 手順1 上記のWindowsバイナリファイルを,Rのバージョンに応じてダウンロードする

 手順2 R Console(R本体)の 《パッケージ》 メニューより 《ローカルにあるzipファイルからのパッケージ

      のインストール...》 を選択する

 手順3 手順1でダウンロードしたファイルを指定し,[開く]

プラグインの呼び出し

 手順1 Rコマンダーの 《ツール》 メニューより 《Rcmdrプラグインのロード》 を選択

 手順2 呼び出したいプラグインをクリックし,[OK].このとき,複数のプラグインを指定して呼び出し可能.

Rの起動と同時にRcmdr,プラグインを自動的に呼び出す

 R本体のetcフォルダにある Rprofile.site をテキストエディタで開いて,次図のように修正します. プラグイン RcmdrPlugin.QCtools を呼び出す必要がない場合は,下から4行目(図の矢印部分)は不要です.

# ここから

options(defaultPackages=c(getOption("defaultPackages"), "Rcmdr"))
options(Rcmdr=list(plugins="RcmdrPlugin.QCtools"))
library(qcc)
library(lattice)
lattice.options(default.theme = "col.whitebg")

# ここまで